News

お知らせ

Doctorfellowでのオンライン医療相談・セカンドオピニオン事例【肺がん】

こちらの活動事例では主に高度専門医療相談”Doctorfellow”の活用事例や弊社Medifellowの活動についてお知らせしております。今回は肺がんの疑いで手術予定となっていた患者さんが、結果的に手術ではなくなった事例について記載します。


高度専門オンライン医療相談Doctorfellow(Medifellow運営)

相談前の状況や背景

アジア在住の30代男性。風邪の症状のようなものに加え血痰と胸痛が強くあったため病院の外来を受診、各種検査の上、肺がんの可能性を示唆され、手術実施予定となりました。患者様としては、病名が確定していない中で手術実施となることに不安を感じ医療相談・セカンドオピニオンの依頼がありました。


【肺がんについて】

肺がん セカンドオピニオン

その名前の通り、肺に生じるがんのことを指します。日本の統計上死因上位5位は、悪性腫瘍(がん)、心疾患、老衰、脳血管疾患、肺炎の順です。(厚生労働省「令和元年(2019)人口動態統計月報年計(概数)の概況」)さらに、悪性腫瘍(がん)の中では、肺、大腸、胃、膵臓、肝臓の順で死因として多くなっており、最も上位の死因である悪性腫瘍(がん)の中でも最も死亡数が多い部位の悪性腫瘍(がん)になります。

多くの患者さんは咳、痰、血痰、発熱、息苦しさ、動悸、胸の痛みなど一般的な呼吸器疾患にみられる症状がきっかけで病院を受診し、肺がんが発見されます。


医療相談(セカンドオピニオン)の回答とその後

Doctorfellowの呼吸器内科の専門医がセカンドオピニオンで回答。肺がん以外の病名の示唆や確定病名を付けるために必要な追加検査、治療方針を提示しました。その後、追加検査を行ったところ手術適応ではない可能性が示唆され、主治医と相談の上、化学療法・放射線療法へと治療方針が変更になり、手術を回避することできました。


上述のように適切な医療相談の介入により、適切な受診行動や病名、治療方針の選択に繋がり、結果的に、医療費の縮減や治療期間の短縮、予後の向上に寄与する可能性があります。ご不安な際は弊社Doctorfellowにお気軽にご相談下さい。