News

お知らせ

Doctorfellowでの海外オンライン医療相談・セカンドオピニオン事例【歯科】

こちらの活動事例では主に海外在留邦人(日本人)向けオンライン医療相談サービス”Doctorfellow”の活用事例や弊社Medifellowの活動についてお知らせしております。今回は歯科の患者さんの事例について記載します。


海外向けオンライン医療相談Doctorfellow(Medifellow運営)


【オンライン医療相談前の状況や背景

欧州在住の50代女性。歯にぐらつきがあるため現地歯科医に受診、長期的な感染の影響により歯の骨がなく抜歯を推奨されたため、今後について相談したく、歯科の専門医へオンライン医療相談・セカンドオピニオンの依頼がありました。


【歯周病について】第一三共ヘルスケア「薬と健康の情報局」からの引用

歯周病とは、歯と歯ぐきの間に繁殖する細菌に感染し、歯の周りに炎症が起こる病気です。
炎症が歯ぐきに限定されているときは歯肉炎、それ以上に進行すると歯周炎(歯槽膿漏)と呼ばれます。はじめはほぼ自覚症状がないまま進行し、歯周炎になると歯が抜け落ちたりするばかりでなく、全身に影響が及ぶことがあります。


【オンライン医療相談(セカンドオピニオン)の歯科の専門医の回答とその後

Doctorfellowの歯科専門医がオンライン医療相談で回答。そのまま放置しておくと他の歯にも影響が出る可能性があり、現地歯科医が抜歯を推奨している場合従うことを推奨。また、補綴方法の選択肢を提示し希望を伺い、最終的には補綴については日本で行うことを推奨しました。


適切なオンライン医療相談、セカンドオピニオンの介入により、適切な受診行動や病名、治療方針の選択に繋がり、結果的に、医療費の縮減や治療期間の短縮、予後の向上に寄与する可能性があります。ご不安な際は弊社海外向けオンライン医療相談サービスDoctorfellowにお気軽にご相談下さい。


https://doctorfellow.net/ 【個人利用の方】

https://doctorfellow.net/enterprise【法人利用の方】

https://medifellow.jp/ 【弊社Webサイト】


しか【歯科】

歯科(しか)とは、歯または歯に関連した組織に関する疾患を扱う診療科である。歯科処置の大半は人体に侵襲を伴う外科行為である。一般歯科、矯正歯科、口腔外科、小児歯科の区分があり、それらを総称して歯科と呼ぶことがある。

診療科としての一般的な歯科は、齲蝕や歯周病を中心とした口腔内の疾病を受け持っている。診療形態の大半は診療所であり、行われる処置もエプーリス除去やインプラント埋入術など、入院を伴わない小手術や、歯牙に限局した疾病であることが多い。

日本においては、医師と歯科医師で免許が分かれているため、法的には医師が歯科医業を行なうことが出来ない。ただし、治療状況によって医業との判別が困難になる場合や、歯科医業であると同時に医業となる場合もあるが、主として大学病院や総合病院の口腔外科で行われることが多い。

出典 Wikipedia